GIスズキクリニック 消化器内科〜大腸内視鏡検査

  GIスズキクリニック GIスズキクリニック  
宮城県仙台市若林区新寺2丁目2-11新寺211ビル4F  
TEL 022-293-0211 FAX 022-293-0212  
    HOME < 消化器内科 < 大腸内視鏡検査   
 
院長メッセージ
診療科目
消化器内科
診療時間
アクセス
リンク
 
HOME
 
GIニュース

土曜日の午後も
診療しております。

 

消化器内科

  大腸内視鏡検査 | ポリープ除去(特に大腸のポリープについて)| 胃内視鏡検査| ピロリ菌の除菌治療

 

 

大腸内視鏡検査

   
1.どんな検査?
  内視鏡機器検査当日に身体に吸収されない「水」の下剤を飲んでいただき、大腸内の固形物を全て洗い流してから、大腸カメラ(手の親指の太さ)を肛門から挿入し、大腸の始まりの盲腸まで挿入して大腸の内側から粘膜を観察する検査です。

 
2.この検査をすると何が分るの?

  大腸の病気、例えば大腸癌大腸ポリープ大腸炎憩室症などがこの検査1回で分ります。
 
3.なぜって!
  大腸の病気のほとんどは大腸粘膜(大腸の壁の一番内腔側に位置する部分)から始まりますので、大腸を内腔から観察する大腸内視鏡検査が大腸の検査には一番都合がよろしいことになります。
 
4.他に良い方法はないの?
  バリウム注腸検査、CTによるバーチャルコロノグラム、PETなどがありますが、現時点ではその精度からして大腸内視鏡検査を越えうる検査はありません。
 
5.当院の大腸内視鏡検査は?
 
いわゆる工藤進英(注)方式とでも言いますか、拡大内視鏡を使用して、随時色素散布を行い、瞬時に病変の診断を行います。条件が許せば直ちに治療(ポリープ切除)等を行います。もちろん、いろいろな状況を考えて処置を行いますので入院となることはありません。便潜血反応検査を一次検査とすれば、この検査は二次検査(精密検査)と位置づけられる検査ですが、我々はこれをルーチンで行います。
  工藤進英先生、鈴木院長
 
(左)工藤進英先生
(右)鈴木院長
 
 
(注)工藤進英
  現在、国内外での大腸内視鏡検査の第一人者、秋田赤十字病院時代に指導を受け、その後も師事しています。現昭和大学横浜市北部病院消化器センター長、副院長
 
     
  個人情報保護方針医療安全指針ページTOPへ  
Copyright 2006-2011 GI Suzuki Clinic. All Rights Reserved.